Le Berceau Therapie (ル・ベルソ・セラピ)

よくあるご質問|高気圧・高濃度酸素カプセルを大阪(新大阪・西中島)で ~ Le Berceau Therapie (ル・ベルソ・セラピ)~

Le Berceau Therapie (ル・ベルソ・セラピ)from新大阪店

お電話からの予約受付中です。Tel.06-6308-7811

トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問 よくあるご質問

メディカルO2について

酸素カプセルってなんですか?

ベッカムカプセルという呼び名で、怪我や疲労から早く回復できると、特にスポーツで有名になった器具です。今では健康・美容、リラクゼーションにおいても広く利用されているものです。

『Medical O2』はどんな特徴があるのですか。他のカプセルとどう違うのですか?

FRP製のハードタイプとなりました。今までのソフトタイプと異なり、効果や安全性が高まり、使いやすく、リラクゼーション機器としてもとてもよいものになっています。いままでにない効果とリラックスをご提供できます。
酸素カプセル研究では第一人者の京大の石原先生と共同研究開発したもので、最新の研究理論(大学内で多くの症例に基づいて導き出された理論)を忠実に採用し、安全性も効果も高いものとなっています。例えば今までの酸素カプセルの気圧設定は鼓膜への負担が大きいことがわかったので、しっかり効果を得ながら同時によい効果を得ることができる、最適な気圧にしています。

酸素バーなどの酸素浴とどう違うのですか?

酸素バーは鼻から酸素を吸収します。全身の末端まで必要な酸素は行き届きにくく、効果は低いものになります。メディカルO2は高気圧と高濃度酸素を併用する事により、酸素バーでは得られない“溶解型酸素”を増やし、体のすみずみまで酸素たっぷりにします。

利用するとどんなことにいいのですか?

体の中の酸素が増えて、血液もサラサラになります。体中に酸素がゆきわたることで細胞が活性化します。よく知られているのは、疲労や怪我からの回復効果ですが、その他にも石原先生のヒトでの3000例を超える豊富な実験から、健康増進や病気の改善などが見られています。

メディカルO2はなぜそんなたくさんの効果を示すのですか?

メディカルO2は、体中の酸素を増やします。誰でも酸素がないと、すぐに死んでしまいます。つまり、酸素は生命活動の根本にかかわる、非常に重要なものなのです。ところが現代人は血管のつまりや運動不足などによる血流の悪化で、体は酸素不足になりがちです。不足する酸素を補うから、また、より多くの酸素を送り届け体中の細胞を元気にするから、メディカルO2の効果は幅広いのです。

メディカルO2はどうやって酸素を増やすのですか?

メディカルO2のカプセル内は、気圧が高まり、酸素濃度があがります。気圧があがると空気中の酸素が体に溶け込みやすくなります。こうして、溶解型酸素が増えます。もちろん、肺で赤血球にくっつく結合型酸素も増えます。また、血流がよくなるので、体中に血がよくめぐり、酸素の供給もよくなります。

溶解型酸素、結合型酸素ってなんですか?

体内の酸素には、赤血球に結合している結合型酸素と、血液などに溶け込んでいる溶解型酸素の2種類あります。溶解型酸素は、赤血球が通れないような毛細血管の先の組織に届くことができます。メディカルO2は、結合型酸素はもちろん、溶解型酸素も増やします

溶解型酸素が増えると、何がいいのですか?

現代人の毛細血管は、コレステロールなどが詰まりがちで、かたく、狭まっています。また、血液がドロドロになりがちです。つまり、赤血球が毛細血管を通りにくくなっているのです。そのため、末梢の組織は酸素不足になってしまいます。メディカルO2は、赤血球の届かないからだの隅々まで、溶解型酸素を増やします。すると、酸素不足にあえいでいた細胞の代謝が活発化するのです。

メディカルO2を使うと汗をかきますか?

いいえ、かきません。メディカルO2内ではゆっくりリラックスして、たいていは眠ってしまいます。そのため、体はゆっくり休みます。

寝ている間は代謝が下がると聞きました。メディカルO2に入ると代謝が下がるのですか?

たしかに寝ていると、運動しているときに比べて全身の代謝は下がります。ところがメディカルO2は体中に酸素を送り届けるので、末梢組織(毛細血管の先にある血液不足になりがちな場所。肝臓などの臓器もその一つ。)の代謝はあがります。
汗をかくこともなく、ゆったりと体を休めながら、酸素の効果で体の隅々の組織の代謝が活発になります(元気になります)。これがメディカルO2の効果の特徴です。

使ってはいけない人はいますか?

酸素なので基本的には幅広く使えるものですが、妊婦、赤ん坊、耳抜きが出来ない人、カプセル外部と意思の疎通が出来ない人、泥酔するなど意思表示できない人、血糖値の低下が問題になる人などは使わないようにしていただいています。また、閉所恐怖症の方は中を確認いただいてからお使いいただいています。非常に安全な器具で多くの方につかっていただけますが、心配な方はお医者様に相談されてから使うことをおすすめしています。

老人でも使えますか?

石原先生の研究では、老人の方も普通に使っていただいています。

酸素中毒や活性酸素発生の危険性は?

純酸素ではないので大丈夫です。石原理論に従った酸素濃度は、効果があるけれども安全な、中毒がおこらない設定です。石原教授の研究により、活性酸素の発生もないことが確認されています。

緊急時などはどうなりますか?

中からインターホンで周囲の人を呼び出すことが出来ます。人が来るのが遅れても、酸素は供給され続けますし、気圧も上がりすぎることがありません。停電になったときは、大きな音のアラームが鳴り、周囲の人を呼びます。また、コントローラーのバルブが開いていますし、カプセル内の酸素も多いので、大丈夫です。

どのくらいで効果がでますか?

疲労回復、頭をすっきりさせる、肩こり改善など、1回で様々な効果がでます。体の状態に応じて、回数を増やしてください。酸素を取り込みやすい体にするには、週間に2回の利用を2ヶ月ほど継続してください。カプセルを使いすぎることによる問題は、ありませんので安心してご利用下さい。

どれくらい効果が持続しますか?

体内の酸素がいっぱいになれば、3日ほど効果が続きます。ですから、体質改善を目指すなど継続的に利用するときは1週間に2回の利用をおすすめします。

1回にどれくらい時間がかかりますか?

だいたい45分が平均的です。なぜなら、ふつうの体格の成人男性で、約45分あれば、体内の酸素がいっぱいになるからです。体の小さな女性でしたら30分ほどで効果がでますし、体の大きな方でしたら60分以上利用したほうがいいこともあります。「時間はかかってもいいから、効果を重視したい」という方の場合には、長めに利用することをおすすめします。 また、初めてご利用の方は緊張や興味のため、酸素の効果が現れにくくなります。初めてのご利用で効果を実感したいときは、60分以上のご利用をおすすめします。

安全ですか?副作用はありませんか?

できるだけ安全にご利用いただけるよう、従来タイプよりも安全な気圧を利用しています。安全性を重視した新設計のため、活性酸素を増やすこともありません。むしろ活性酸素を減らすという報告もあります。中毒などの心配も無く、1日に何度利用しても良いですし、また、何時間利用いただいても良いです。

お客様からの質問

どうして酸素を多く取り組むと良いのでしょうか?

人間が生きていく上で、酸素が必要不可欠だということはお分かりいただけると思います。
これは、酸素を取り込んで細胞がエネルギーを作るからです。
私たちが息を止めると、約15秒で酸素不足になってしまいます。運動をすれば、必要な筋肉にそれだけ酸素が行くので、脳以外の細胞や、その運動に使う以外の筋肉は酸素不足になります。
また、密室でたくさんの人間が会議をすれば、それぞれの人が酸素を取り込み二酸化炭素を出しますので、酸素不足になっていきます。東京などの都会にいると24時間空気が汚れているので、酸素の濃度が減っています。酸素が減ってくると細胞は動きが悪くなります。動きが悪くなるだけでなく、再生できなくなってきます。とくに体の中心から離れた細胞ほど、血液の流れが悪くなるので、酸素不足が起こってきます。女性の冷え性は、しびれ、低血圧、すべて病気の元はもしかしたら酸素不足と言えるかもしれません。また、酸素は脳が必要と判断した必要な細胞にはたくさん流れていきますが、不必要と判断した細胞には流れていかないのです。しかし、体を作っている60兆個の細胞は、本当はすべてが酸素を必要としています。ですから、できるだけたくさんの酸素を取り込んで、体すべての細胞に平等に酸素を流してやるという事が、体を健康に保つ上でとても大事な事だという事のなります。

酸素カプセルで活性酸素が発生しませんか?

最近よくテレビなどで活性酸素が話題になりますが、酸素には普通の酸素と活性化酸素があります。体内に存在する活性化酸素は殺菌能力がありますが、これが大量に発生してしまうと人の細胞を壊してしまうほどです。どんな時に活性酸素が出るかというと、最近の研究では酸素を摂り過ぎる場合、酸素が不足する場合の両方があることが分かっています。海抜0m、1気圧の条件では酸素濃度はおよそ20,9%と言われています。これが15%以下の酸素濃度だと問題が起こってきます。また、大変激しい運動をすると血中の酸素濃度が著しく低下するので、活性酸素がたくさん出てくることになります。一方で酸素濃度が40%を越える場合も何らかのマイナスの要因が現れますしたがって非常に高濃度の酸素を摂取する酸素バーなどでは長時間の利用には注意が必要です。活性酸素を発生させず、体の中に酸素をたくさん入れて効率よく細胞を動かせる事の出来る酸素濃度は,30%~40%です。かつて地上に恐竜が闊歩していた時代には、地球上の酸素濃度は30%を越えていたとも言われています。

酸素カプセルの効果的な利用法は?

1度の利用で約72時間効果が持続すると言われています。理想は一度利用してから72時間以内に再度利用するペース、だいたい1週間に2回程度の利用が効果的と言われていますが、個人差がありますので一概には言えません。必ずしもこの回数にこだわらず、無理のない範囲でご利用ください。
上記のペースで利用される以外にも、週1回程度の利用や、日々の仕事で疲れが溜まった時に利用される方もいらっしゃいます。継続して利用されることにより、免疫力の向上・体質の改善も望めます。

酸素カプセルに一度試しに利用しましたが効果がないようですが・・・?

1回目というのは初めての経験なので、どんな変化が起こるのだろうとか、どんな感じになるのだろうか、と色々と頭の中で考える、交感神経が少し緊張します。そうすると、アドレナリンという物質が出てきます。この物質には血管を収縮させ毛穴を縮める働きがあるので、酸素の入り方は悪くなります。もちろん1回目からリラックスできる人もおり、初回から酸素を吸ってスウスウといびきをかいて寝ている人もいます。ただし多くの人の場合、初回は何が起こるだろうと緊張して、酸素の取り込みが悪くなります。1回目から必ず効果があると思い込み、1回入って変化がなかったから、これは効かないのでは、と考えてしまわず、リラックスした状態で何度か利用される事をお勧めします。

酸素カプセルの利用後に注意すべきことは?

利用後の状態はだいたい2種類に分かれます。出たときに、気持ち良かった、スッキリした、と言って目がぱっとはっきりしている人、出てきたときにもう少し眠りたい、まだ疲れてぼっとしているという2種類の人がいます。後者の場合、利用直後に自動車の運転などは避けてください。

酸素カプセルに入ってはいけない人はいますか?

一般に入浴や航空機の利用、ダイビングなどを禁止されている方のご利用につきましてはご遠慮頂いております。このほか、以下に該当される方につきましてもご利用にあたっては注意が必要です。

◆妊娠されている方

妊娠されている方、またそのおそれがある方のご利用はご遠慮いただいております。

◆ 気圧の変化に弱い方・耳抜きが苦手な方

酸素カプセルの利用時には気圧が変化するので、旅客機を利用した時のように耳に違和感が出ます。通常、あくびをする、つばを飲む、飴をなめるなどすれば解消されますが、ごくまれに耳抜きが出来ない方がいらっしゃいます。この場合、気圧を上げる過程で一度気圧をさげるなどの操作を行う、あるいは通常より。低い気圧に設定する事で対応可能です。また、風邪などで鼻がつまっている方も通常時に比べ耳抜きがしにくいおそれがあるため気圧の上昇を穏やかにするなどの注意が必要です。

◆ 閉所恐怖症の方

『MERRYXBODY』のカプセル自体は大きめになっていますが、密閉した直後の圧がかかりきっていない状態ではカプセル自体がしぼんでいるため、圧迫感を感じることがあります。
これについてはカプセルが膨らみきるまでうつぶせになっていることで利用できたケースがあります。